2016年12月26日

縮毛矯正とカラーの順番ってどっちが先なの?メリットはどっち先?



縮毛矯正とカラーの順番は美容室や美容師により意見が様々です。お互いにメリットとデメリットが存在しますが、基本的に髪への負担は大きくなります。したがって、自分が望む考えをしっかりと美容師に伝えることが重要となります。できれば同時に施術することを避け約1週間はあけて行うと良いでしょう。この辺は難しいですよね...

ですが、希望するヘアスタイルにする為には美容師さんとご相談してヘアケアすることが大切なので、まずは相談!

美容室の中にはカラーを先に行い縮毛矯正が後の所と縮毛矯正を先に行いカラーを後に行う所の2つに分かれます。



では、縮毛矯正とカラーの順番ってどっちが先なのでしょう?




縮毛矯正とカラーの順番の基本的な考え方には同時施術の場合、縮毛矯正を行った後にカラーリングを行う美容室が多いです。


一般的な美容室では縮毛矯正を先に行った後にカラーリングをする所が多いです。この場合、同時日にお互いの施術を受ける場合になるので、髪にはそれなりの負担がかかることになります。




<縮毛矯正が先の場合はカラーリングが不安定に?>


縮毛矯正の順番が前の場合は髪の毛が染まりにくく、思った色より暗くなるケースがあります。明るい色を出したい時は強めの薬品を使わなければならなくなり、そうなると髪への負担は高くなってしまうのです。
矯正を受けた髪は長さも伸び、傷んだ毛先も目立つようになります。



<縮毛矯正の順番が後だとキレイなストレートが作りにくい?>

縮毛矯正の順番が後の場合は薬品の種類によっては髪が伸び切らなかったりカラーの色落ちが引き起こる可能性があります。その結果、思い通りのヘアスタイルにならない場合があるのです。


どっちが先1.jpg
画像出典元:http://livedoor.blogimg.jp/hairvivace/imgs/4/e/4e06a157.jpg



これらを見ると「どちらにしてもデメリットがあるんじゃーん」と悲しくなってしまいますよね?ですが、きちんとメリットもあるのです!続きは後半から!


スポンサーリンク







☆★☆*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*★☆★




<縮毛矯正を先に行う場合のメリット>


縮毛矯正の順番が先の場合は髪の長さを調整した後にカラーリングすることでロスが少なく済みます。縮毛矯正が先の場合、一度、髪を整えた後にカラーリングをすることで髪が受けるダメージを比較的、最小限に抑えると考えられています。




どっちが先2.jpg
画像出典元:http://image.topicks.jp/item/image/normal500/844788.jpg?time=



<カラーが先のメリット>


カラーが先の場合はカラーリングでやや髪が傷み、縮毛矯正の薬品が浸透するスピードが良くなると言われます。なんか意外なメリット?ですよね...「痛んだ分浸透しやすい」というのは...



ちなみに、この「縮毛矯正の薬品が浸透しやすい」のメカニズムについて説明すると

カラーリングの順番が先の場合は縮毛矯正の薬品が浸透しやすく弱い薬品の使用で済むため、髪への負担を軽減して縮毛矯正が行えると考えられています。縮毛矯正の薬品は強力なので極力髪に与えるダメージを少なく出来ます。



<カラーの順番が先だと色が入り易くなる>

カラーの順番を先に行うことで明るい色が入りやすくなります。自分が希望する色を安定して入れたい場合はカラーリングを先に行い、縮毛矯正は後に行いましょう。


どっちが先3.jpg
画像出典元:http://www.ip-lambda.com/images/hairdesign-dolce/P1040332.JPG




縮毛矯正とカラーは同時日に行うことはなるべく控えた方が髪へのダメージが少なく済みます。また、同時に施術することによりお互いの効果も薄れる可能性が高まります。したがって、縮毛矯正とカラーを同時日に行う際はしっかりトリートメントも行うようにしましょう。


縮毛矯正とカラーの施術する順番の希望を美容師さんにご相談し、髪質やダメージ具合を判断して貰う必要があります。縮毛矯正とカラーの順番は自分の髪質に合った「負担が少なく、施術の効果がより良い方」を選びましょう。行きつけの美容室により縮毛矯正とカラーの順番は異なるので相談は大事ですよ♪


スポンサーリンク







★:*:☆・∴・∴・∴・∴・∴‥∴‥∵‥∴‥‥∵∴・∴・∴・∴・☆:*:★


posted by ain at 22:35 | Comment(0) | 縮毛矯正 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ